スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベまた購入。

「さよならピアノソナタ」を読み終えました。
音楽を題材にした作品で主にクラシックとロック、そして恋のお話です。
語り手の主人公ナオの鈍感さには読んでてイライラさせられますが、そこがまた展開を面白くしてたりします。
音楽の専門用語がよく出てきますが、音楽関係の知識がそんなにない私が読んでも違和感は感じませんでした。
わからない言葉や曲でも流すように読んでれば物語りにのめり込んでいけますよ。多分。
ただ、音楽の知識があればもっと楽しめたんだろうなとは思いますね。
綺麗なピアノの音や激しいライブの音、そして美しい情景が想像できる素敵な作品でした。

で、読み終わったのでまた何か読もうと買ってきたのがこちら。
ラノベ0602
「いつか天魔の黒ウサギ」
「空ろの箱と零のマリア」
「ある日、爆弾が落ちてきて」
この3冊です。
黒ウサギは、春の100冊とか書いてある帯が欲しくて買いましたw
この帯と同じものが前に買ったピアノソナタの2巻以降に付いてたんですね。
それでこの帯に応募券があって、キャンペーンの応募期間が今月末まで有効だったので応募してみようと思ったんです。
そしたら2枚一口。帯は3枚。ならあと1冊何か買おうと思ってこれにしました。
決めた理由は表紙イラストが好きな絵師だったから。それだけですw
零のマリアは、Amazonでおいらへのおすすめのところにぽんとこれがあったのでレビュー見てみると評価が高く、内容がループものってことで面白そうだったので書店で見つけたら買おうと思っていて、発見したから買いました。
爆弾は、ラノベ好きの友人に教えてもらったサイトで目にしたことがあって評価の高い短編集だと言う事で気になってました。
そしたら中古本売り場でぽっと見つけてしまい、値段もお手ごろだったので買いました。
で、さっそくこの「ある日、爆弾がおちてきて」を読んだんですが、とても面白かったです。
泣ける!とか、衝撃の結末!とかじゃないんですが、すんごい面白かったです。
普通の男の子と不思議な女の子のボーイミーツガールをテーマに書かれてるんですが、これにさらに隠しテーマが重なって物語りに引き込まれます。
隠しテーマはあとがきを読めばわかります。
世界観は我々の住む現代と変わらないんですが、非現実的な設定があって、そこに不思議な女の子が登場し面白い展開に持っていってくれます。
1話あたりが30~40ページほどで、会話などのテンポがよく、サクサクと読み進むことができるので、ラノベ初心者の私にもとても読みやすい作品でした。
ライトノベルを読んだことがなくて、これから読んでみたいって人はとても入りやすい作品だと思うので書店で見つけたら手にとってみることをお勧めします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

迷い込んだ人の数
Flashリバーシ
by Orfeon
プロフィール

darmus

Author:darmus
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。